Open MPIのMCAフレームワーク一覧

Open MPIに含まれている各MCAフレームワークの担当領域を調べたときのメモ。 Open MPIのバージョンはv 1.10。随時追記していく。

Open MPI (OMPI) レイヤ

ソースコードではompi/mca以下。

  • allocator: メモリアロケータ
  • coll: Collective Communication Interface, MPI集団通信のアルゴリズム
  • fbtl: File Byte Transfer Layer, MPI-IOにおけるread/writeを抽象化
  • mpool: メモリプール
  • pml: P2P Management Layer, MPI 1対1通信のセマンティクス
  • sbgp: Collective Operation Sub-group
  • bcol: Base Collective Operations
  • fcoll: MPI-IOの集団型I/O
  • mtl: Matching Transport Layer, Message Matchingをサポートするハードウェアでの MPI 1対1通信
  • pubsub: MPI-2 のpublish/subscribe
  • sharedfp: MPI-IOにおける共有ファイルポインタ
  • bml: BTL Management Layer, 複数のBTLモジュールをまとめる
  • crcp: チェックポイント・リスタート用プロトコル
  • fs: MPI-IOのファイル操作
  • op: MPI_Op
  • rcache: Registration Cache
  • topo: MPIトポロジ
  • btl: Byte Transfer Layer, プロセス間におけるバイト列の送受信
  • dpm: MPI-2における動的プロセス生成
  • io: MPI-IOのファイル読み書き
  • osc: One-sided Communication interface, MPI-2の片側通信
  • rte: Run-time environment operations
  • vprotocol: Protocols for the “v” PML

Open, Portable Access Layer (OPAL) レイヤ

ソースコードではopal/mca以下。

  • backtrace: バックトレース
  • compress: 圧縮アルゴリズム
  • crs: チェックポイント・リスタート
  • db: 内部用Key-Valueストア
  • dl: 共有ライブラリの動的ロード・リンク
  • event
  • hwloc
  • if: NICの取得
  • installdirs
  • memchecker: メモリチェッカ (valgrindなど) のラッパ
  • memcpy
  • memory
  • pstat
  • sec
  • shmem: Shared Memory Support
  • timer: 高精度タイマ

Open MPI Run-Time Environment (ORTE) レイヤ

ソースコードではorte/mca以下。

  • dfs: 分散ファイルシステム
  • errmgr: RTEエラーマネージャ
  • ess: RTE Environment-Specific Services, 環境依存のサービス
  • filem: リモートファイルの管理
  • grpcomm: RTE Group Communications
  • iof: I/O Forwarding
  • odls: ORTE Daemon Local Launch Subsystem
  • oob: Out-Of-Band通信
  • plm: プロセスのライフサイクル管理
  • ras: リソース割当
  • rmaps: リソースマッピング
  • rml: RTE Message Layer
  • routed: RMLのためのルーティングテーブル
  • sensor: ソフトウェアとハードウェアの死活監視
  • snapc: Snapshot Coordination
  • sstore: Distributed Scalable Storage
  • state: RTEの状態遷移機械